地下書庫に憩う日々

最近読んだ書籍の目録

原発広告

原発広告 本間龍 亜紀書房

原発広告

2011年3月11日の大震災と、福島の原発事故が起こる前、日本の新聞やテレビ、雑誌等には原発の意義や安全性を宣伝する広告であふれていた。自己から三年経ったいまでも、それらの広告は姿を消したままで、かつてあれほどまでに身の回りにあふれていたのを思い出すことは困難だ。博報堂に勤務していた著者は、これらの原発広告が電力会社等のいわゆる「原子力村」の豊富な資金力を基に、実際の原発の危険性や問題点を隠蔽し、原発推進の政策に国民的な支持、合意を作り出すために用いられていたことを、過去の原発広告を紹介しながら主張している。

確かに、本書に紹介されている広告は、事故後の現在の視点でみると、原発を根拠無しに喧伝しているようにみえる。そもそも独占市場の電力会社が多大な広告費を使っていたことも、昔から言われてきたことではあるが、問題である。幾つかの新聞広告やテレビCMは私も現に見たことがあったものだった。怖いなと思ったのは、事故が起こる前までは、それらについて今改めて見た時程の違和感や問題意識を持たなかったこと、広告で主張されていることを、全てではないにしろ何となくそうなんだろうと思ってしまっていたことだ。また、事故後これらの広告がすべてメディアから消え、過去の広告も容易には見られないようになってしまっていることに、広告を出していた側の小汚さを感じてしまった。

著者はこれらの原発広告を戦中の国内やナチスドイツの情報統制やプロパガンダとの類似点を指摘しながら糾弾している。やや一方的な見方に感じる点や後だしじゃんけん的な感じも受けたが、原発に限らず、巨額のお金が動く広告業界の様態や問題点を解説した本としてもおもしろいと思った。