読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地下書庫に憩う日々

最近読んだ書籍の目録

若者と労働

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす 濱口桂一郎

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす (中公新書ラクレ)

初めは、ちょっと軽いノリの語り口だと思ったが、とても興味深かった。

ジョブ型とメンバーシップ型についてや、一斉採用の歴史等、断片的に知っていたことが改めて整理された感じがする。本書では、日本の労働法は本来はジョブ型就労の社会を前提としたものであるのに、これまで実態として中間層の働き方がメンバーシップ型であったために、判例等を積み重ねてそれに対応して来たということが解説されている。ハローワークがジョブ型就労を前提とした機構であり、新卒生にほとんど縁がないことが解説されているところは、これまで抱いていた疑問が解けてなるほどと思った。

いづれにせよ、自分はメンバーシップ型の一斉採用の流れに乗らず、メインストリームとは違った就労をしたんだなと再確認した。人と違った生き方には、いいところもあるが、ふつうの人が経験しない苦労もある。自分の実力や就労機会について常に意識するのは当然だが、マクロな視点で日本や世界の「働き方」の仕組みについて知っておくべきと感じた。

しかし、これからの日本の労働環境はどうなるのだろう?報酬、福祉や仕事内容の充実度などで恵まれた正社員はこの先どんどん少数精鋭化していくのは間違いないだろう。大部分の労働者は、非正規でまさにジョブ型な労働者や、周辺労働者になっていくと思われる。この流れ自体は変えられないとしても、そのような労働者であってもちゃんと生活が営んでいけるような制度に変えていかなければならないのだろう。