地下書庫に憩う日々

最近読んだ書籍の目録

これは有害図書だ・・・/ ユリア100式

ユリア100式 [原作]原田重光 [作画]萩尾ノブト 白泉社

ユリア100式 1 (ジェッツコミックス)

なんというか、このおバカさ加減がエロ漫画の醍醐味だよなって思う。

マッドサイエンティストが新たに作り上げたのは、「汎用人型ダッチワイフ」ユリアで、はじめて挿入された一物をインプリンティングするというなんとも言えない設定。ユリアは「操」を守るべく逃亡したが、匿ってくれた久保瞬介のもとで日々騒動を引き起こす。

たしかに、これは有害図書だ・・・

お約束で出てくるプロレス技が笑えた。続けて読むか迷うところだが、この「青少年の想像力が果てしなくたくましくなる」感じは読んでて楽しかった。

話は変わるが、是枝裕和監督の「空気人形」もダッチワイフが主人公だったことを思い出した。この作品とは全くの別物だが、性行為の代替品として使われる人形たちの思考が、なかなかその「使用目的」から逸脱して広がっていかないことが思いがけず共通しているように思えて興味深かった。「空気人形」は芸術作品に、「ユリア」はエロ漫画になっちゃったけれど。