地下書庫に憩う日々

最近読んだ書籍の目録

働き方いろいろ/WIRED vol.7

WIRED vol.7 未来の会社 これからの「働く」を考える

WIRED VOL.7 GQ JAPAN.2013年4月号増刊

COURRIERがやたらとエリートとかリーダーとか言うようになった気がするのに対して、WIREDのほうが読んでて面白くなってきたところなのは前に書いた通り。

今回の特集は「未来の会社」。普通とはちょっと違う働き方を取り入れている会社を紹介していた。大きな企業からベンチャーまで、いろいろなところが紹介されていたが、四半期ごとの決算を廃止して長期的な取り組みを可能にしている企業、社内に食育を取り入れている企業、ボーナスの量を社員同士で決める企業、おしゃれで働きやすいオフィス設計を取り入れている企業など、取り組みの方向性や規模は様々だったがどれも普通のイメージとはちょっと違う企業ばっかりだった。

雑誌は、これまでの企業に縛られ、硬直していて柔軟性が無く働きにくい環境がこれから変わっていくという、変化に肯定的な見方で編集されていた。こうしたながれがあるのは確かだと思うが、その一方で、中間層の没落や労働者の二極化など、労働環境をめぐる動きには警戒するべき兆候があるのもまた確かだと思う。

また、今の職場は大学だからということもあるだろうが、自分の工夫次第では以外と柔軟に働けるのではないかなということを、改めて再認識した。優秀な労働者を確保したい企業側が主導してより良い職場環境ができていくのはもちろん歓迎だが、そのような企業に勤めることができなくても、労働者だって自分の工夫や意識の変化で、足下からちょっとずつでも働きやすく良い仕事場を作っていくことができるだろう。そうした余裕が末端の労働者にも生まれるような状況を作っていくべきだと思う。