地下書庫に憩う日々

最近読んだ書籍の目録

ネットのバカ

ネットのバカ  中川淳一郎 新潮新書

ネットのバカ (新潮新書)

過去にも、インターネットを使っている人々の愚かさ加減を指摘して物議を醸した著者の新しい新書。確かに、世の中に住む人々が品行方正でもすごい知的でもないのなら、そんな私達が使うインターネット上にエロ、グロ、ゴシップがあふれてしまうのも、むべなるかな。

ついついくだらないネットサーフィンに時間を費やしてしまったり、新しいネットサービスに飛びついてしまったり、SNSで知的に見られるように格好つけてしまったりしがちになる自分を省み頭を冷やすのに有効な新書かと。

 

原発広告

原発広告 本間龍 亜紀書房

原発広告

2011年3月11日の大震災と、福島の原発事故が起こる前、日本の新聞やテレビ、雑誌等には原発の意義や安全性を宣伝する広告であふれていた。自己から三年経ったいまでも、それらの広告は姿を消したままで、かつてあれほどまでに身の回りにあふれていたのを思い出すことは困難だ。博報堂に勤務していた著者は、これらの原発広告が電力会社等のいわゆる「原子力村」の豊富な資金力を基に、実際の原発の危険性や問題点を隠蔽し、原発推進の政策に国民的な支持、合意を作り出すために用いられていたことを、過去の原発広告を紹介しながら主張している。

確かに、本書に紹介されている広告は、事故後の現在の視点でみると、原発を根拠無しに喧伝しているようにみえる。そもそも独占市場の電力会社が多大な広告費を使っていたことも、昔から言われてきたことではあるが、問題である。幾つかの新聞広告やテレビCMは私も現に見たことがあったものだった。怖いなと思ったのは、事故が起こる前までは、それらについて今改めて見た時程の違和感や問題意識を持たなかったこと、広告で主張されていることを、全てではないにしろ何となくそうなんだろうと思ってしまっていたことだ。また、事故後これらの広告がすべてメディアから消え、過去の広告も容易には見られないようになってしまっていることに、広告を出していた側の小汚さを感じてしまった。

著者はこれらの原発広告を戦中の国内やナチスドイツの情報統制やプロパガンダとの類似点を指摘しながら糾弾している。やや一方的な見方に感じる点や後だしじゃんけん的な感じも受けたが、原発に限らず、巨額のお金が動く広告業界の様態や問題点を解説した本としてもおもしろいと思った。

原爆投下とアメリカ人の核認識

原爆投下とアメリカ人の核認識 マイケル ゴーディン 彩流社

原爆投下とアメリカ人の核認識: 通常兵器から「核」兵器へ

拾い読みになってしまったが、最も大事なことは表紙に書かれている通り、核兵器はいつから「特別な兵器」であると認識されたかについて解説されている。現代を生きる私たちには、核兵器はたの通常の兵器とは明らかに異なる兵器であることは半ば自明のことであり、冷戦時代にはその「常識」が社会や文化の隅々まで影響を与えていた。現代でも、核の拡散は主要な政治テーマの一つでもある。しかし、じっさいのところこの「常識」はいったいどの時点で人々のあいだで認識されるようになったのだろう。私も何となく、原爆ははじめから特別な兵器でありそれは自明のことだったかのように考えていたが、原爆投下を決断したアメリカの政治家たちが、最初から原爆がそれ単体で戦争を集結させる力があるほどの「決戦兵器」であると認識していた訳ではなかったと著者は説明する。原爆を投下された日本が、8月15日に投降したことで、原爆は特別な兵器になったのだ。

原爆が、最初は通常兵器と同じと考えられていたことの傍証の一つとして、著者は長崎への原爆投下に際して現場兵士たちの裁量権が大きかったことを挙げている。この爆撃作戦に際して、標的の一つであった小倉は、天候を理由とした現場指揮官の判断により標的となるのを免れ、代わりに長崎に原爆が投下された。その他にもいくつもの「命令違反」があったことを挙げ、このような現場の裁量が大きかったのは、この時点では原爆は通常兵器と同じ認識を受けていたからだと結論している。

小倉に原爆が投下されていれば、祖母の実家をはじめとして多くの親戚にも影響を及ぼしていたはずで、私の人生も多少の違いが生まれていたのではないかと、やや関係ないことだが考え込んでしまった。

 

政治的思考

政治的思考 杉田敦 岩波新書1402

政治的思考 (岩波新書)

具体的な政局や個々の学説を紹介するような本ではなく、政治や、政治的なことについてやや哲学的に、著者が思うことを書いていってある。系統だった説明や、知識を求める読者には物足りないかもしれない。しかし、けっこう興味深く読めた。

政治的な事柄」というのは、なにも世界規模のことや国政だけに限られる訳ではない。地方自治体は言うに及ばず、地域の町民会や職場、学校、はては家庭までおおよそ人が2人以上あつまれば政治的な関係性が生まれるといっていいと思う。私たちが日々接するそのような身近なものから、国政のような大きなものまで、この政治的事象についてどのように考えれば良いのかヒントが得られると思う。

例えば、「権力」について。従来の考え方では、権力は固有の権力者が持つもので、その人からあたかも権力が光のように照射されているようなイメージで語られていたが、著者はその場面場面で真に権力を持つものが変動しているというモデルを解説する。このようなモデルは自分の経験を考えてみても理解できるものだった。また、「自由」については、なんでも自由度が高い方がより「良い」状態なのかについて議論されている。

目新しいことばかりではないが、一読してみるのも良いと思う。政治的思想を語るとき、時として私たちは自分の政治的信条を盲目的に信じて暴論を語りがちになったり、また反対に非常にシニカルな態度をとったりすることがあるが、そのどちらも著者は戒めていると思う。話は変わるが、最近NHKで放映されている「ログホライゾン」というアニメは、オンラインゲームの中にプレイヤーが閉じ込められてしまう話だが、このようなあり得ない状況ではあるがそこでどのように政治が生まれてくるのかが描かれていて、本書を思い出しながら見た(お正月でまとめて放映されていたので見る機会ができた)。

若者と労働

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす 濱口桂一郎

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす (中公新書ラクレ)

初めは、ちょっと軽いノリの語り口だと思ったが、とても興味深かった。

ジョブ型とメンバーシップ型についてや、一斉採用の歴史等、断片的に知っていたことが改めて整理された感じがする。本書では、日本の労働法は本来はジョブ型就労の社会を前提としたものであるのに、これまで実態として中間層の働き方がメンバーシップ型であったために、判例等を積み重ねてそれに対応して来たということが解説されている。ハローワークがジョブ型就労を前提とした機構であり、新卒生にほとんど縁がないことが解説されているところは、これまで抱いていた疑問が解けてなるほどと思った。

いづれにせよ、自分はメンバーシップ型の一斉採用の流れに乗らず、メインストリームとは違った就労をしたんだなと再確認した。人と違った生き方には、いいところもあるが、ふつうの人が経験しない苦労もある。自分の実力や就労機会について常に意識するのは当然だが、マクロな視点で日本や世界の「働き方」の仕組みについて知っておくべきと感じた。

しかし、これからの日本の労働環境はどうなるのだろう?報酬、福祉や仕事内容の充実度などで恵まれた正社員はこの先どんどん少数精鋭化していくのは間違いないだろう。大部分の労働者は、非正規でまさにジョブ型な労働者や、周辺労働者になっていくと思われる。この流れ自体は変えられないとしても、そのような労働者であってもちゃんと生活が営んでいけるような制度に変えていかなければならないのだろう。

クラシック音楽の政治学 渡邊裕/増田聡ほか 青弓社

クラシック音楽の政治学

クラシック音楽にどのような意味が見いだされ、どのように日本社会で受容、消費されていったのかについて考察されていた。

旧制高校、大学でのクラシック音楽の地位について書かれているところが面白かった。

疾風怒濤のクラシック案内 宮本文昭 アスキー新書

疾風怒濤のクラシック案内 (アスキー新書 041)

面白かった。宮本文昭のCD は昔よく聴いた。あまりマニアックにうんちくを書き連ねたような本じゃないのでさらっと読めた。